なかなか好評を博しております小松式ビジョントレーニング のエキスパートをめざす講座小松式ビジョントレーナー育成講座『めばえ』ですが、この度第3回を終了いたしました。

今回は6月に悪天候に見舞われ成田から福岡行きの航空機が熊本に行先変更。
7月に豪雨により久留米市周辺の道路冠水で開始時刻を遅らせる。
8月も途中ゲリラ豪雨。。。と暑い中冷や冷やものでしたが何とか終了できました。

今回の参加者は運動指導、発達支援に携わる方、ヤムナプラクティショナー、視能訓練士、お子さまのために・・と主婦の方も受講してくださいました。


通常のビジョントレーニングとは異なり、このビジョントレーナー育成講座『めばえ』は講師の小松先生独自の ’小松式ビジョンアセスメント(R)’ を習得する趣旨です。ビジョントレーニングの’技’ はこの情報の多い昨今、ネットや書籍であふれていますが,’ビジョンアセスメント(R)’は対象者がどのように見ているのかを見抜く方法でそれにより適切なトレーニングを提供でき、効果的な視機能改善を図ります。
第2回『めばえ』からグループウェアを使用して課題提出と添削、質疑応答など双方向での情報の共有化を行っています。

とはいえ、実践はなかなか難しいです。

4時間x3日で完全に理解できるものではありませんが、小松先生の視点に立って見ていくと少しづつ理解と疑問が湧いてきて自分自身や周りの方の状況に気づいていくことができます。

フォローアップの講座『おはな』までご自身の力量を高めていただきます。

修了後は懇親会を。

さまざまなフィールドの方々との交流でよりよい視機能について考えていく機会となりました。







相手の方がどのように見えているかを見極めるのです。
視機能と運動のコーディネーション。
目と耳と口と身体とすべてを繋いでいく作業。
コミュニケーション能力もつきます。
修了書を持って記念撮影
懇親会
小松先生を囲んで 目 談義。

その後ビジョントレーニングやトレーナー育成講座へぼちぼち問合せが入っています。
調整しながら今後の開催を検討しますね。