東洋医学の神秘に触れる貴重な時間をみなさまと共有したいと考えぼちぼち不定期に開催していますこの講座、27回目。

今回はちょっと基本に帰りまして経絡を知るシリーズ第3弾。

『胃の経絡と脾の経絡の関係性』 について学び、『指握り健康法』を用いて調整することを学び実践し体感してみましょう。

前回『腎の経絡、肝の経絡』『肝と心(シン)の関わり』と題して学びました。

胃と脾は五行論においては’土’に属し、消化に関わる経絡。

私たちは食べて消化をし、そのエネルギー(後天的)で生きています。その消化がうまくいかないとエネルギーがだだ洩れということです。

いまから開催が待ち遠しいですね!

宮本先生の証(しょう)の見立てと東洋医学(中医学)のお話に毎回感嘆の声が揚がります。
講師の宮本先生は手や指を触る(フィンガーテスト)ことで全身の身体の状態を診るという稀な治療法をなさっています。
『指握り健康法』を考案しいつでも簡単に実践できる方法を教えてくださっています。

東洋医学において、「人体は、氣・血・水(津液)のバランスを基本に成り立っている」と考えます。
’氣’ は人間の生命活動を維持する力、エネルギーとされます。よくも悪くも’’生きている’’私たち生命体にあるもの。

頭でなくてカラダで理解する。

 

当スタジオLAS ALASは、Body Work Studioですから体験型の講座を提供していきたいと考えています。

 

東洋医学講座〜東洋医学の神秘に触れる(Vol.27)〜経絡について その3(胃の経絡と脾の経絡)
■日時:平成30年10月12日(金) 19:00〜21:30頃(途中退出可)
■場所:Body Work Studio LAS ALAS 薬院スタジオ(Escondite LAS ALAS)
福岡市中央区薬院1−4−8 あづまビル21号室
薬院駅より徒歩3分、天神駅南口から徒歩11分
■参加費:3000円(LAS ALAS会員価格)3300円(非会員価格)
当日現金にてお支払いをお願いします。
■講師:宮本勝啓先生
鍼灸師(はりきゅう泰山堂)
■問合せ&申込:E-mail→ info_☆lasalas.net(’☆’を’@’に変えてmailしてください)
電話→ 090★7394★7507(’★’を外してcallしてください)※電話にはセッション中など出られないことがあります。