『東洋医学の神秘に触れる講座vol.21〜カラダの中心を感じてみよう その2』を行いました。

 

カラダの中心を感じる というと’背骨’、あるいは東洋医学(中医学)の経絡としては ’任脈、督脈’ を考える方も多いのではないかしら。

講師の宮本先生と相談してテーマを決めているのですが、あえて ’カラダの中心’ としたのは考えあってのことです。

どちらも間違いではなく、だけど少し違う多くを包括したもののイメージです。イメージですから特定もしづらいかもしれません。

 

前回は頭部〜環椎の調整を行い、今回はそこから下流へ流れる末端という考えでさまざまなパーツを整えていきました。

先ずは、復習も兼ねて頭蓋の調整をし、弛めたあと、背骨、背中、顔、腕、足へ・・。

どれもタッチは軽くて

片手で押さえて、反対の手で ’イチ、ニィ、サン!!’

ヒョイ!!

IMG_0693

背中も

片手で押さえて、反対の手で ’イチ、ニィ、サン!!’

あれれ?

IMG_0696

 

IMG_0695

足もね

片手で押さえて、反対の手で ’イチ、ニィ、サン!!’

クイッ!

え〜ミゾオチも?

IMG_0697

あららら〜〜〜♪

宮本マジック炸裂でした。

このマジックはタネも仕掛けもありそうです。

カラダはとても素直なんですね。

先生曰く、「脳をうまく騙すのです」って。

だから、最初に頭蓋を調整していたのね。

 

次回は新春開けすぐの予定です。お楽しみに!